~唾液と歯石の関係~

2018/04/21

岡崎・蒲郡・西尾・安城からも通いやすい幸田町の歯科医院(歯科・歯医者)

 

ハピネス歯科こども歯科クリニック歯科衛生士の水野です。

今回は唾液と歯石についてです。
上顎奥歯の外側と下顎前歯の舌側は唾液の流れがよいところになります!
唾液の流れがよいところは、唾液による虫歯予防効果がその他の部分よりも高くなります。
虫歯菌が出す酸によって溶かされた歯面も、唾液に含まれるリン酸カルシウム塩で補修(再石灰化)されます。
 
その一方でリン酸カルシウム塩は歯石の成分にもなります。歯石はプラーク(歯垢)が石灰化したものです。
歯石自体は悪いものではないのですが、歯石の表面はザラザラしているので、そこにまたプラークがついてしまい、石灰化がおこるという悪循環で歯石の沈着量が増えて行きます。
そのため歯周病の発生にも関係してくるので、定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう♪♪
 

幸田町・岡崎市・蒲郡市・安城市・西尾市の歯科 小児歯科(こども歯科)無痛治療

予防歯科 矯正歯科 インプラント ホワイトニングなら

笑顔の多い 幸田町の歯医者(歯科・歯科医院)ハピネス歯科こども歯科クリニック  へ

444-0103

愛知県額田郡幸田町大字字広野78-1

TEL:0564ー62-0505

皆様のご来院を、スタッフ一同、笑顔でお待ちしています。

FacebookInstagramやっています 良ければイイねや“フォロー”

で応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。