安心の滅菌機器

滅菌器で患者様の安心をサポート!

滅菌というのは、機械によってどこまでしっかり滅菌が出来るかが変わってきます。
滅菌の機械の種類としてはヨーロッパ基準で、クラスN < クラスS < クラスBに分かれています。

幸田町歯科医院 滅菌


» クラスN滅菌器

 多く導入されている一般的なオートクレーブは、クラスNのものです。
これは、包装(袋づめ)がされていない器具のみ滅菌が可能で、袋詰めされた器具や、
複雑な構造をもった器具(歯を削る器具)の滅菌を100%行うことはできません。

そこで、ハピネス歯科こども歯科クリニックでは、クラスN滅菌器の他に、
クラスS(歯を削る機械専用)、クラスBの滅菌器を保有しています。

幸田町歯科医院 滅菌


» クラスB滅菌器

 全ての器具において、あらゆる種類の菌を、
完全に滅菌することができる唯一の滅菌器であると言われています。
クラスBという滅菌レベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です。

患者様のために感染・予防・安全をしっかり考えて使用しています。
今後このクラスのオートクレーブが世界基準になるとも言われています。

幸田岡崎蒲郡歯科 滅菌  滅菌


また、以前新聞で話題になった、タービンなどの複雑な構造の物はクラスS以上で、
かつ、タービンを滅菌出来ると言われる物でないと、滅菌できないと考えております。


滅菌
滅菌  幸田町歯科医院 滅菌


そこで、当院では歯を削る機械(タービン)を患者様毎に滅菌をするために、
タービン専用の洗浄器にて洗浄後、
クラスS規格のタービン専用の滅菌器を導入いたしました。

幸田町歯科医院 滅菌
また、当院では、診療器具を置くトレーや、うがい用のコップ、エプロン、縫合針など、
多くの物で、可能なものは出来る限り使い捨てのものを使用し、患者様の安全に配慮しております。

このような、最新式の滅菌器の導入や、使い捨て製品を用いる事で、
患者様に安心して診察を受けて頂ける環境を整えています。

医療従事者として、当たり前の事だからこそ丁寧に。

どうぞ、安心してご来院ください。